リフォーム中

床を輝かせる

住宅やビルの施設内では、床が凹凸のない平らなフローリングになっています。フローリングは歩きやすく、車いすや杖を付いて歩行している人の移動にも適しています。
多くの人が行き交う大型複合施設でも、フローリングが採用されています。家族が暮らしている室内でも、フローリングは拭き掃除や掃き掃除が簡単です。
手入れが簡単なので、わざわざ畳間からフローリングにリフォームする住宅も多く存在します。一人暮らしや家族と同居している高齢者宅でも、車椅子の移動やリハビリがしやすいようにフローリングに変えるのが人気です。
フローリングをリフォームで行ったあと、ワックスをかけるときもリフォーム会社を利用できます。

掃除がしやすいフローリングですが、掃き掃除や水拭きを続けていても汚れが溜まってしまうことがあります。
汚れが溜まったフローリングは、汚れが粘着質となりベトベトしたふみ心地を感じたり、歩きづらさを感じたりと不快に思ってしまいます。
衛生環境を清潔に保つためにも、フローリングワックスを行なうことが勧められています。
フローリングワックスは、掃除用の液剤も販売されていますが、業者に依頼するのが手軽で人気です。
業者はフローリングワックスのプロなので、広い面積や住宅の中の限られた場所でも完璧にこなしてくれます。
ワックスをかけることで、汚れが溜まりにくい床となり、照明が当たると反射するほど輝きのある床が長期的に保てます。

利用しやすい

利用しやすいフローリングにリフォームしたあとは、フローリングワックスをかけて定期的にお手入れするとよいでしょう。ワックスは汚れが溜まりにくいので、明るく生活な室内が保てます。

任せた方が楽

フローリングワックスは市販の液剤が存在しますが、手順や濃度が的確ではないと効果が得られません。ワックスがけはリフォーム会社でも依頼できるので、面積に合わせてワックスをかけてもらうと仕上がりも完璧です。

業務用機械

業者が使用しているワックスの液剤は、敏感肌の人にとっては刺激が強く、肌荒れの原因になってしまうことも考えられます。業者にフローリングワックスをかけてもらったほうが手も荒れず、短時間で済ませてくれます。

依頼の仕方

フローリングワックスを業者に依頼する場合、リフォームを行っていればその会社に再度依頼できます。リフォームを行っていなければ、口コミや比較サイトを利用してワックスがけの業者を探すとよいでしょう。